テーマ:ラオス

象さん百万頭の国097

ラオス,ルアンパバーンの郊外。 エレファント・ビレッジ。 これから象さんに乗ってお散歩。 プラットフォームから二人ずつ乗せてもらいます。 象さんがのっしのっしと歩いてくれます。 ぼくの参加しているツアーは象使い体験。 ここで象さんたちと一泊二日。 象乗り体験だけとか,二泊三日コースだとかもあります。 家族連れは象乗り体験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国096

ラオス,ルアンパバーン。 旅行社の送迎用のバンに乗って エレファント・ビレッジへ。 ぼくを含めて8人のお客。 街を出ておよそ20分くらい。 アスファルトの道から赤茶色の土の道へ入ります。 人里離れた所にあります。 一旦荷物を預けて,身軽になって, 象さんとのご対面です。坂道を下りたところにある草ぶき屋根のプラットホームか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国095

ラオス,ルアンパバーン。 朝市から戻ってホテルで朝食。 今日は,目玉焼きじゃなくて スクランブルエッグ。 くだものたっぷり。 しばらくしたら,今日は,パイナップルセーキ。おいしくいただきました。ごちそうさま。 食後はすぐに荷物をまとめて, 身支度を整えて,チェックアウト。 クレジットカードで済ませて。 約束…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国094

ラオス,ルアンパバーン。 今朝も朝市を楽しんでいます。 元気な作物。見ているだけで元気になれそう。 昨日はこのお店であれこれ買いました。 おばあさんは,今日も手を動かしながらお店をしています。 天秤を担ぐ姿をよく見かけます。 ホテルの前の通り。 そろそろホテルに戻って朝食にしましょうか。今日は旅行社のお迎えがあるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国093

ラオス,ルアンパバーン。 今日も,ホテルの朝食前に 朝市の探索。 昨日と同じ朝市の風景なんだろうけれど いきいき新鮮な感じ。 健康そうなきれいなニワトリ。編んだ竹のかごに入れて運んできて,持ち帰ってもらうのかな。 こちらのニワトリも健康そう。隣はメコン川の獲れたて魚ですね。 このお兄さんが見ているのは,ネズミかな。 開い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

象さん百万頭の国092

ラオス,ルアンパバーン。 朝早く起きて,托鉢の見学をしたら, 次は,今日も,朝市の見学。 やっぱり,おもしろい。お米屋さんの隣でバナナ屋さんはバナナを焼いています。 グローブみたいな野菜は何だろう。細長く縦切りにしてあるのは冬瓜みたいだけどな。なたや鎌やスコップみたいなのも売っています。鍛冶屋さんが一つ一つ打って作ったのでしょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国091

ラオス,ルアンパバーン。 今朝も,お坊様の托鉢の見学から始まります。 偉いお坊様が前の方で, 修業を始めたばかりのお坊様は,後ろからついて行っています。観光客の体験喜捨の場所から外れて 自宅の近くで地元の人が喜捨している光景も見られます。メインの通りを抜けると, それぞれのお寺に戻っていきます。脇道で,托鉢のお坊様から,食べ物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国090

ラオス,ルアンパバーン。 12月28日(月)の朝。 目覚まし時計をセットしたけれど, 眠くて結局6時起き。 せっかくだから,やっぱり行こう。 支度をして,托鉢の見学。 すでに始まっています。 オレンジ色の行列が見えます。観光客は喜捨体験。長い行列が静かに進んでいきます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国089

ラオス,ルアンパバーン。 今晩も,ナイトマーケットを巡り歩いて楽しんでいます。 おみやげも探しています。 さて,ここはアカ族の方のお店。 ぬいぐるみなんだけれど,とっても気になる。色使いも形も他で見たことがない感じ。象かな,鳥かな,こうもりかな・・・って想像できるんだけれど,ほんとにユニークだし,中には,これって何なんだろうと首…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

象さん百万頭の国088

ラオス,ルアンパバーン。 ホテルに入る前に,今晩もナイトマーケットをゆっくり見て回りましょう。 このお店は,すいた紙を使った品物を売っています。 日本だったら「和紙」製品なんだろうけれど, ラオスの紙なんだから,「ラ紙」か。ほんとにこれも全部手作りみたい。 おみやげにします。 糸でしっかり綴られている帳面。 それと,薄い竹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国087

ラオス,ルアンパバーン。 すでにナイトマーケットは始まっています。 今晩もまたゆっくり見て回りましょう。ぬいぐるみやバッグとかのお店。 折り畳める紙細工のお店。小さいマット?キーホルダー。財布? 丸いのは何かな。襟かな。全体に赤っぽい色合い。 小さいバッグのお店。財布?ポーチ? たくさんの象さんがいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国086

ラオス,ルアンパバーン。 今日もいっぱい歩きました。 夕食にしましょう。 レストランは, シーサワンウォン通りのナイトマーケットを通り抜けた先。 カム・レストランにします。 牛肉のラープ, 川海苔, 白いご飯。 それに,小瓶のビアラオ。 川海苔は,お昼にもいただきました。 手でつまんで,いただきます。 白いご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国085

ラオス,ルアンパバーン。 シーサワンウォン通りは,すでに交通規制が始まっているみたい。 ナイトマーケットの準備が始まっています。 細い路地でも,たくさんの食べ物を並べています。 豚さんがこっちを見ています。焼きたてですよ。いろいろありますねえ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国084

ラオス,ルアンパバーン。 てくてく歩いて,ホテルのある方へ向かっています。 チャオファーグム通りを進むと通りはシーサーワンウォンに名前を変えます。 ちょっと待って。 これは雑貨屋さん? いや,古道具屋さん? やはり,竹製品が目立ちます。 これはリュックサックみたい。 底を丈夫にしてある。 「よっこいしょ」って下ろす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国083

ラオス,ルアンパバーン。 今日も朝早くからいっぱい歩きました。 でも,まだまだですよ。 拝観時間が終わっちゃってたワット・マノーロムをあきらめて ・・・そうだ。 ナンプ,噴水の方を通ってホテルに戻りましょう。広い道路の真ん中の緑地が噴水広場になっています。 でも,やっぱりこの時間帯は噴水もお休みのようです。お寺も並んでいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国082

ラオス,ルアンパバーン。 スイカ寺・・・ワット・ビスンナラートを出ました。 もう少し回ってからホテルに戻りましょうか。 スイカ寺の南側のマノーマイ通りはすっきりした印象。 道路側からスイカ寺の門を見ると,こんな感じ。 次は,塀に沿って真っすぐ行けば,ワット・マノーロム。・・・の,はずが,ガソリンスタンドのあるロータリーに来ちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国081

ラオス,ルアンパバーン。 スイカ寺と親しまれているお寺に来ています。 スイカは,この仏塔の形から来ているらしい。ですが,本堂は広場を挟んで向かい側。ですが,本堂は工事中です。 ですが,拝観はできるようです。 この両方を合わせてワット・ビスンナラートなんですね。 拝観料は,20,000キップ。 薄暗いお堂の中に入ると, 大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国080

ラオス,ルアンパバーン。 スイカ寺という名前で人々に親しまれているというお寺に来ました。 なるほど,この丸いドームをスイカに見立てているのですね。このドームは高さ35メートルもあるって。 年末年始っていうことで,オレンジ色の布が巻いてあるのかな。 お坊様も歩いて回られています。 仏塔の前の広場はコンクリートで塗り固められていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国079

ラオス,ルアンパバーン。 次に目指すのは,スイカ寺・・・ワット・ビスンナラート。 地図を頼りに来てみたら,どうも,工事中みたい。 工事をしているのは,本堂。もともとこの本堂の名前がワット・ビスンナラート。 本堂に向かい合って建っている仏塔・・・形が「スイカ」って感じなんですね・・・の名前が,ワット・マークモー。ワット・マーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国078

ラオス,ルアンパバーン。 伝統芸術民族センター。 Traditional Artsを伝統芸術と訳していますが, 民族に営々と引き継がれてきた様々なモノの 美しさだとか,面白さだとか,緻密さだとか・・・を 集め,広め,受け継ぎ,大切にしようっていうのが 伝わってくる展示だなって思う。 美術館に飾るために作られたモノって感じじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国077

ラオス,ルアンパバーン。 小高い丘の上に建つ伝統芸術民族センターです。 そんなに規模の大きな施設ではありませんが, 残しておきたい大切なものを 今のうちに集めて守ろうとしているのです。 織物もそのうちの一つ。 動力で自動的に織るような織機などはありません。 織り手が縦糸を引っ張りながら横糸を杼で通す。 青いベルトのよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国076

ラオス,ルアンパバーン。 街の中をゆっくり歩いて, スイカ寺を目指します。 で, ちょうどその途中にある伝統芸術民族センターに寄って行きましょう。 小高い丘の上です。建物はコンクリート製ですが, デザインは伝統的なラオスの建物のものです。 料金を払って入館。 25000キップ。 館内には民族衣装が展示してあったり,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国075

ラオス,ルアンパバーン。 朝早くからずうっと街巡りをしてきたので, 一旦ホテルに戻って,一息ついて,作戦を立ててから 出かけることにしましょう。 ホテルは,国立博物館のすぐ近くなんです。 この後は,伝統芸術民族センターに寄って, スイカ寺の方まで行ってみましょうか・・・。 早朝の托鉢があったり, 夜のナイトマーケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国074

ラオス,ルアンパバーンの街を見下ろす プーシーの頂上でしばらく過ごしたので そろそろ降りることにしましょう。この階段を登ってきたのです。 結構,急な階段でしょう。 この辺りがチケット代を納めるところ。登りよりは楽ですが,あわてて転んだら大変。 階段は,ガイドブックによると,328段。高低差150メートル。 下まで降りたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国073

プーシーの上からなら ラオス,ルアンパバーンの街が見下ろせるというので, 登って来ました。 プーって,ラオス語の山。 頂上には,タート・チョムシーという仏塔が建っています。金色のこの塔は,麓からも見えています。 直径を少しずつ変えた七つの輪っか・・・,五つのもあるから, 奇数がいいのかな・・・が,円錐状に構成されたものが立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国072

ラオス,ルアンパバーン。 街を見下ろせる場所だということで, プーシーを登って来ました。 汗だくで登って来ました。 頂上はそんなに広くないです。 眼下にルアンパバーンの街が広がっています。見えている川はナムカーン川の方です。広い通りに乗り物が走っているのが見えます。 でも,混雑しているようには見えませんね。 緑も多いです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国071

ラオス,ルアンパバーン。 プーシーに南側から登ろうと思ったのに 道を間違ったみたいで, 結局,メインストリートのシーサワンウォン通り側から登ることになった。 ルアンパバーン国立博物館の真ん前に登り口がある。 少し登ったところは舞台のような感じで, 国立博物館がきれいに見える。結婚記念写真の撮影かな。バックにパバーン像安置祠が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国070

ラオス,ルアンパバーン。 ナムカーン川の方から プーシーのてっぺん目指して歩き始めたんだけれど,ここじゃない。 目指しているところじゃない。でも,まあ,ラオスのお寺。境内にヤシの木っていいな。狛犬みたいなのも雰囲気が違う。あれあれ,ここは,今朝,托鉢を終えたお坊様たちが帰って行ったお寺だった。 ということは,プーシーを挟む反対側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国069

ラオス,ルアンパバーン。 プーシーを登っています。 小高い山です。 登り口がいくつかあります。 とにかく階段や坂道を登って行けば, 一番高いところへたどり着くでしょう。 あ,お坊様だ。ついていってみようかな。一旦下ってまた上ってる。面白い狛犬さんみたい。うぅん,どこへ行くのかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国068

ラオス,ルアンパバーン。 次の目的地は,プーシー。 メコン川と支流のナムカーン川に挟まれた土地にこんもり盛り上がった山。 登り口はいくつもある。 ぼくは,ナムカーン川の方から登ろうって計画。 登り口のある道路からはナムカーン川が下の方に見えています。登り口には看板があって,すぐにわかる。階段の両側の手すり部分は,竜のようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more