象さん百万頭の国077

ラオス,ルアンパバーン。 小高い丘の上に建つ伝統芸術民族センターです。 そんなに規模の大きな施設ではありませんが, 残しておきたい大切なものを 今のうちに集めて守ろうとしているのです。 織物もそのうちの一つ。 動力で自動的に織るような織機などはありません。 織り手が縦糸を引っ張りながら横糸を杼で通す。 青いベルトのよ…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国076

ラオス,ルアンパバーン。 街の中をゆっくり歩いて, スイカ寺を目指します。 で, ちょうどその途中にある伝統芸術民族センターに寄って行きましょう。 小高い丘の上です。建物はコンクリート製ですが, デザインは伝統的なラオスの建物のものです。 料金を払って入館。 25000キップ。 館内には民族衣装が展示してあったり,…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国075

ラオス,ルアンパバーン。 朝早くからずうっと街巡りをしてきたので, 一旦ホテルに戻って,一息ついて,作戦を立ててから 出かけることにしましょう。 ホテルは,国立博物館のすぐ近くなんです。 この後は,伝統芸術民族センターに寄って, スイカ寺の方まで行ってみましょうか・・・。 早朝の托鉢があったり, 夜のナイトマーケ…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国074

ラオス,ルアンパバーンの街を見下ろす プーシーの頂上でしばらく過ごしたので そろそろ降りることにしましょう。この階段を登ってきたのです。 結構,急な階段でしょう。 この辺りがチケット代を納めるところ。登りよりは楽ですが,あわてて転んだら大変。 階段は,ガイドブックによると,328段。高低差150メートル。 下まで降りたら…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国073

プーシーの上からなら ラオス,ルアンパバーンの街が見下ろせるというので, 登って来ました。 プーって,ラオス語の山。 頂上には,タート・チョムシーという仏塔が建っています。金色のこの塔は,麓からも見えています。 直径を少しずつ変えた七つの輪っか・・・,五つのもあるから, 奇数がいいのかな・・・が,円錐状に構成されたものが立っ…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国072

ラオス,ルアンパバーン。 街を見下ろせる場所だということで, プーシーを登って来ました。 汗だくで登って来ました。 頂上はそんなに広くないです。 眼下にルアンパバーンの街が広がっています。見えている川はナムカーン川の方です。広い通りに乗り物が走っているのが見えます。 でも,混雑しているようには見えませんね。 緑も多いです。…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国071

ラオス,ルアンパバーン。 プーシーに南側から登ろうと思ったのに 道を間違ったみたいで, 結局,メインストリートのシーサワンウォン通り側から登ることになった。 ルアンパバーン国立博物館の真ん前に登り口がある。 少し登ったところは舞台のような感じで, 国立博物館がきれいに見える。結婚記念写真の撮影かな。バックにパバーン像安置祠が…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国070

ラオス,ルアンパバーン。 ナムカーン川の方から プーシーのてっぺん目指して歩き始めたんだけれど,ここじゃない。 目指しているところじゃない。でも,まあ,ラオスのお寺。境内にヤシの木っていいな。狛犬みたいなのも雰囲気が違う。あれあれ,ここは,今朝,托鉢を終えたお坊様たちが帰って行ったお寺だった。 ということは,プーシーを挟む反対側…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国069

ラオス,ルアンパバーン。 プーシーを登っています。 小高い山です。 登り口がいくつかあります。 とにかく階段や坂道を登って行けば, 一番高いところへたどり着くでしょう。 あ,お坊様だ。ついていってみようかな。一旦下ってまた上ってる。面白い狛犬さんみたい。うぅん,どこへ行くのかな。
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国068

ラオス,ルアンパバーン。 次の目的地は,プーシー。 メコン川と支流のナムカーン川に挟まれた土地にこんもり盛り上がった山。 登り口はいくつもある。 ぼくは,ナムカーン川の方から登ろうって計画。 登り口のある道路からはナムカーン川が下の方に見えています。登り口には看板があって,すぐにわかる。階段の両側の手すり部分は,竜のようです。…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国067

ラオス,ルアンパバーン。 ナムカーン川に架かる竹の橋からだと, 少し歩けばプーシーの登山口の一つがあるはず。 裏口になるのかな。 川に沿っている道路を進むと, 道路脇に店を出している二人の女の子に声をかけられた。 中学生くらいかな。 高校生くらいかな。 よくわからないけれど,学生なんじゃないかな。 並べてある品物を見る…
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国066

ラオス,ルアンパバーン。 ナムカーン川を竹の橋で渡ったところにあるレストラン, ジェン・サバ―イでの食事を済ませました。 さっき上ってきた坂道を下ります。左に手作り雑貨のお店。 ちょっと覗いて,急な坂道を下りましょう。 もう一度,竹の橋を渡って対岸に戻りましょう。 舟の上から網を打って漁をしている人が見えます。でも,獲れてい…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国065

ラオス,ルアンパバーン。 メコン川支流に乾季だけ架かっている竹の橋を渡って ジェン・サバ―イっていうレストランにやって来ました。 「プレート2」とビアラオを注文。泡がいっぱい。 その泡が鎮まる前にお料理もやって来た。ご飯は真ん中の赤米。右手の指先で少しずつ小さい塊にして口へ運ぶ。 赤米のもち米もあるんですね。 左端には,川海…
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国064

ラオス,ルアンパバーン。 濁った川に架かる竹の橋を渡った。 今度は坂道を登る。 上にレストランがある。 坂道がどれくらい急か, 写真で伝わるかな。そして,レストランが斜面にあるっていうこと。竹がたくさん使われていますね。空いているので, どこでもどうぞって感じ。 他のお客さんが, 崖にせり出しているテラス席に集中している…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国063

ラオス,ルアンパバーン。 町の北の方はメコン川とその支流ナムカーン川に挟まれています。 これからそのナムカーン川を渡って, 向こう岸にあるお店に行くのです。 なんと,その橋は,乾季にしか架かっていないのです。 見えました。見えました。 ずいぶん下の方です。階段を降りて行きます。 竹を編んだ橋です。 橋のたもとにチケット売…
コメント:2

続きを読むread more

象さん百万頭の国062

ラオス,ルアンパバーン。 ワット・マイを出て, そうそう,旅行会社に行くんだった。 昨日借りた傘を返して, ぼくのじゃない領収書を渡すために。メインストリートのシーサワンウォン通りを進むと,昨日出かけた国立博物館が見えてきます。パバーン像安置祠の屋根も,ルアンパバーン様式の美しい屋根です。ブーゲンビリアが咲いています。このまま博…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国061

ラオス,ルアンパバーン。 ホテルのすぐそばのお寺,ワット・マイ。 本堂の中です。ぐるっと堂内を一回り。 一番大きな仏様の周りにたくさんの小さい仏様がとり囲んでいます。素朴でかわいい感じがします。縁の下の力持ちみたいな像も。壁にも無数の仏様。 境内では,お坊様たちがテントを建てています。新年を迎える支度かな。 では,そろそろ…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国060

ラオス,ルアンパバーン。 ワット・マイという美しいお寺です。 では,本堂にお邪魔しましょう。 日本で見慣れている仏様とやはり雰囲気が違います。別のカメラで撮ったのは・・・ 仏様の周りを回れるようです。 反時計回りに回ってみましょう。 一回りして,正面に戻って,正座してゆっくり見上げましょう。 といっても,そんなに大きくはあ…
コメント:0

続きを読むread more

象さん百万頭の国058

ラオス,ルアンパバーン。 ホテルのすぐそばのお寺,ワット・マイです。 美しい本堂に入る前に,境内を歩きます。 これは鐘撞き堂じゃない。 木槌で叩いて鳴らす丸太の筒がぶら下がっています。 右の白い建物は中に太鼓がぶら下がっています。太鼓堂ですね。地面にも穴が開いていて共鳴するのかな。 さあ,それでは本堂へ。繊細な感じが…
コメント:0

続きを読むread more