'06鞍馬の火祭り12

鞍馬寺の石段下に到着しました。
石段下はちょっとした広場のようになっています。
街道はここで右へ折れ曲がっています。
ぼくはこの先はもう進めません。ここで見守ることにします。

松明は石段の左右に並べて立てられています。
松明を支えている人の頭の上に火の粉や火が着いて炭になった柴が降ってくるそうです。
勢いよく燃えて,もう松明の形を保てなくなると,松明を寝かせて「広場」に降ろし,「広場」で燃やしてしまいます。大きな火柱がそれです。
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック