テーマ:旅行

お願い,トゥクトゥク094

カンボジア,シェムリアップのオールドマーケット。 マーケットの中をうろうろ歩いています。 この辺りは肉類のお店が並んでいるようです。ブー,ブー。腸詰もたくさんぶら下がっています。冷蔵設備とかは見当たらないのですが,捌いてすぐに調理する分には問題ないのかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク093

カンボジア,シェムリアップ。 朝のオールドマーケット。 マーケットの中にはたくさんの人がいます。 働いている人,買い物の人,観光客・・・。 食事ができる場所もあります。 ここで朝ごはんとかを済ませたりするのでしょうか。ショーケースの中の材料を選んで注文して,目の前で調理してもらっています。お店で食べずに,袋に入れて持ち帰る人も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク092

カンボジア,シェムリアップ。 朝のオールドマーケットを歩き回っています。 ここにはスイカの山盛り。ここには水槽。魚が泳いでいます。バンバン…と魚を切っています。鳥の脚がいっぱい。見ているだけでも楽しいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク087

カンボジア,シェムリアップ。 食後は,少しの時間だけれど, 近くのオールドマーケットに行ってみましょう。 ホテルを出たら,ロータリー。信号機がほとんどないので,道路が交差するところがロータリーになっていることが多い。橋の向こうがオールドマーケット。渡りましょう。何度も渡ります。ここはロータリーじゃないです。お互いに相手の動きを慎重…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク085

カンボジア,シェムリアップ。 早朝のアンコールワットをゆっくりと見た後は, トゥクトゥクで急いでホテルに戻ります。 ホテルの朝食が待っています。アンコールワットから街なかに向かって南に伸びる通りをトゥクトゥクで飛ばします。道路に沿って水路も通っています。ハードロックカフェが見えてきました。 橋を渡ったらホテルはすぐそこです。赤い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク084

カンボジア,シェムリアップ。 朝日の美しいアンコールワットを後にして, 急いでホテルに戻ります。 ホテルの朝食が待っています。アンコールワットを囲む環濠に沿って走ると,朝の空気が気持ちいい。環濠の水面もピタッと止まっています。環濠を離れると,南北の通りをまっすぐ進みます。 お願い,トゥクトゥク。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク083

カンボジア,シェムリアップ。 朝日のアンコールワットを見に来ました。 しだいに辺りは明るくなってきました。 そろそろホテルに戻りましょうか・・・ たくさんいた人が動き始めています。 日の出の位置がはっきり分からないまま ずっとアンコールワットをながめていましたが, どうやらずいぶん南の方みたい。西参道から振り返ると正面にア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク082

カンボジア,シェムリアップ。 日の出の頃のアンコールワットは 刻々と背景の空の様子が変化して とっても美しいです。 もう少しここに貼っておきたいと思います。逆さにすると不思議な感じがするでしょう。風が無くて水面が鏡のようだからこんな写真が撮れるのですね。次の写真は黄色っぽいですね。水面のスイレンは赤い花を咲かせています。アンコー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク081

カンボジア,シェムリアップ。 日の出を背景にしたアンコールワットを見ています。 参考までにシェムリアップの日の出の時刻を調べておきました。 12月27日・・・6時30分   28日・・・6時30分   29日・・・6時30分   30日・・・6時31分 なかなか変化しないんですね。太陽の光が強いので,建物はシルエットになっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク080

カンボジア,シェムリアップ。 似たような写真ばかり続けています。 アンコールワットの日の出のころの様子です。 昨日に引き続き,ガイドのAさんとトゥクトゥクドライバーのBさんに連れてきてもらっています。池の手前に立ってずっと景色を眺めています。そして,写真を撮っています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク079

カンボジア,シェムリアップ。 とっても早起きをして,アンコールワットの日の出を見に来ました。 丸い太陽が拝めるのかと思ったけれど, どこに太陽があるのか分からないうちに明るくなってきました。 でも,空がいろんな色に変わるので, とっても面白いです。 ・・・水面にも映るので, とっても楽しいです。これを逆さにすると・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク078

カンボジア,シェムリアップ。 早朝にアンコールワットにやって来ました。 朝焼けの空をバックにアンコールワットのシルエットが浮かび上がります。 さて,今日は全部ひっくり返しちゃおう。 不思議な感じ。怪しい感じ。浮かんでる感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク077

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの日の出を見るために トゥクトゥクで連れてきてもらった。 丸い太陽は見えないんだけれど, アンコールワットがシルエットになってきれい。 刻々と移り変わっていく。 池の向こうに歩いている人も見えるようになってきました。風がないから,水面が鏡になります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク076

カンボジア,シェムリアップ。 朝日を背景にしたアンコールワットを見ています。 太陽がアンコールワットのどのあたりから上がって, アンコールワットがどんな色に染まるのだろうって思い描きながら たくさんの観光客と一緒に眺めています。水面にスイレンでも浮いているのかな。だいぶ辺りの様子が見えるようになってきました。 そうだ。こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク075

カンボジア,シェムリアップ。 12月28日。 ホテルに朝5時のお迎え。 昨日のガイドのAさんとトゥクトゥクドライバーのBさん。 何でこんな時刻に・・・?かというと, アンコールワットで日の出を観るため。 トゥクトゥクはまだ暗い道路をエンジンの音を響かせて走ります。 アンコールワットに着くと, 結構たくさんの人がいることが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク074

カンボジア,シェムリアップ。 ディナーとダンスショーがセットになっているのを予約しました。 次は,ココナッツ・ダンス。 ココナッツのヤシ殻をコツコツとリズミカルに打ち合わせながら楽しげに踊ります。フォークダンスみたいだな。 ラーマーヤナの一節を題材にした踊り・・・。 動きが速くって,照明も暗くって・・・ 最後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク073

カンボジア,シェムリアップ。 アブサラ・ダンス・ショーを観たいな・・・ということで ディナー付きのショーを予約しておきました。 アンコールトムやアンコールワットの遺跡の壁にたくさん彫られているアプサラスやデバタ―が踊ったらこんなふうなのかな。華やかな踊りです。 雰囲気がガラッと変わって,漁師の踊り。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク071

カンボジア,シェムリアップ。 今夜はレストランで食事をして, カンボジアの伝統的な民族舞踊の鑑賞。 アンコール・ヴィレッジ・ホテルの「アブサラシアター」で。 受付を済ますと,靴を脱いでステージのある広いホールに入ります。ピラミッド型の枕のようなものでお客とお客の間に仕切りがしてあります。劇場ということで,天井が高いです。二階席も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク070

カンボジア,シェムリアップ。 2日目の夜は,民族舞踊を見ながらの食事。 レストランまでトゥクトゥクで送り迎えをしてもらいます。 夜も,お願い,トゥクトゥク。クリスマスが済んで・・・と言っても,多くが仏教徒やイスラム教徒という国でクリスマスはどうなのかなって思いますが・・・,もうすぐ新年を迎えるイルミネーションなんでしょうか。 ト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク069

カンボジア,シェムリアップ。 ホテルの近くにオールドマーケットがあります。 午後7時頃にトゥクトゥクのお迎えがあるのですが, それまでの間にオールドマーケットを探索しましょう。 観光客向けの店舗だけでなくて,住民の日用品,食材を扱う店舗もあります。オールドマーケットの周りにも露店が出ています。日が暮れてもにぎやかです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク068

カンボジア,シェムリアップ。 朝から,トゥクトゥクに乗って, ガイドのAさんと一緒に アンコールトムとアンコールワットを見て回りました。 ホテルに連れて帰ってもらって一休み。 夜にも予定を入れているのですが, その前に近くのオールドマーケット辺りを探索しましょう。どんなものが売られているのかな。 お土産は何にしようかな。繊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク067

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールトム,アンコールワットをそれぞれ半日で見て回りました。 トゥクトゥクに乗ってホテルに戻ります。 アンコールワットの環濠に沿って走ると,岸辺に腰かけて語らう人々が点々と見えます。観光客じゃなくて,地元の人たちのようです。岸辺の木陰は憩いの場のようです。 街の中心部に戻って来ました。 ア…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク065

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 急な階段を上って中央塔まで行き, 急な階段を下って来ました。 そして,一番外側の回廊・・・第一回廊まで戻って来ました。 今度は第一回廊の南面のレリーフについてガイドのAさんが説明してくれています。見えているレリーフの上半分(実際は三段に分かれた真ん中の段)に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク064

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中心部までやって来ました。 第三回廊の内側には十字で区切られた沐浴池があります。 こんな高いところに石で作った水が漏れない池があるって, 当時の技術の高さが偲ばれます。 ところで, いよいよ, あの「白い風船」の正体が 明かされるって 予告をしましたが, 上の写真の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク063

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 それも,伽藍の中心部です。 中央祠堂の中には仏像が安置されています。現在は仏教の像なんだそうですが,創建当時はヒンドゥー教の像が祀られていたということです。 中央祠堂の柱にもアバターが彫られています。 回廊に置かれている石像が座っているのは・・・。 ウロコがあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク062

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの第三回廊までやって来ました。 第三回廊が中央塔を囲んでいます。 中央塔から東西南北に四本の回廊が出ていて, 第三回廊につながっているので, 大雑把に言うと,「田」の字のようになっています。 で,十字回廊で見られた沐浴池同様に 今は水がありませんが, ここも沐浴池だったようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク061

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中心部,第三回廊までやって来ました。 第三回廊の北の一辺を西へ進んでいます。 急な階段を上って来たので,第二回廊も下の方に見えています。 これは北西の隅。 石材がごろごろしている所。 少し前にこの隅からカメラを構えていました。この写真を撮った場所。 振り返ると・・・。 さっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク060

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中央塔を囲む第三回廊までやって来ました。 第三回廊に上がるのには北東角の階段を利用するしかありません。 たくさんに人が,上り下りしています。 写真は第二回廊の北東角の塔。 このまま反時計回りに第三回廊を進みましょう。 見えているのは手前が第二回廊。 その奥が第一回廊。 その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク059

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中心部にやって来ました。 次は第三回廊を目指しましょう。 見えている石の階段(北西角です。)は木の柵がしてあります。上れません。 足元に石材がごろごろしています。見下ろした時の目印として覚えておきましょう。10カ所ほど同じような階段がありますが,使えるのは一カ所。北東角の階段。ご覧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク058

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 第一回廊,第二回廊と進み, 中心部へ迫っています。 ついに来たかって感じ。 立派な塔がにょきにょき聳えています。 こちらは手前の経蔵。 上の写真は経蔵が写らないようにして写しています。 壁にはデバタ―が彫られています。 それぞれにモデルとなった女…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more