お願い,トゥクトゥク076

カンボジア,シェムリアップ。 朝日を背景にしたアンコールワットを見ています。 太陽がアンコールワットのどのあたりから上がって, アンコールワットがどんな色に染まるのだろうって思い描きながら たくさんの観光客と一緒に眺めています。水面にスイレンでも浮いているのかな。だいぶ辺りの様子が見えるようになってきました。 そうだ。こん…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク075

カンボジア,シェムリアップ。 12月28日。 ホテルに朝5時のお迎え。 昨日のガイドのAさんとトゥクトゥクドライバーのBさん。 何でこんな時刻に・・・?かというと, アンコールワットで日の出を観るため。 トゥクトゥクはまだ暗い道路をエンジンの音を響かせて走ります。 アンコールワットに着くと, 結構たくさんの人がいることが…
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク074

カンボジア,シェムリアップ。 ディナーとダンスショーがセットになっているのを予約しました。 次は,ココナッツ・ダンス。 ココナッツのヤシ殻をコツコツとリズミカルに打ち合わせながら楽しげに踊ります。フォークダンスみたいだな。 ラーマーヤナの一節を題材にした踊り・・・。 動きが速くって,照明も暗くって・・・ 最後…
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク073

カンボジア,シェムリアップ。 アブサラ・ダンス・ショーを観たいな・・・ということで ディナー付きのショーを予約しておきました。 アンコールトムやアンコールワットの遺跡の壁にたくさん彫られているアプサラスやデバタ―が踊ったらこんなふうなのかな。華やかな踊りです。 雰囲気がガラッと変わって,漁師の踊り。
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク072

カンボジア,シェムリアップ。 夕食は,アンコール・ヴィレッジ・レストラン・シアターで。 セットメニューのディナーとアブサラダンスショーの鑑賞。 カンボジアのローカルな料理をいろいろ味わえます。 飲み物は別料金。ぼくはアンコールビールっていうカンボジアのビールを注文。 デザートにはフルーツとアイスクリーム。ココナッツ添え。 て…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク071

カンボジア,シェムリアップ。 今夜はレストランで食事をして, カンボジアの伝統的な民族舞踊の鑑賞。 アンコール・ヴィレッジ・ホテルの「アブサラシアター」で。 受付を済ますと,靴を脱いでステージのある広いホールに入ります。ピラミッド型の枕のようなものでお客とお客の間に仕切りがしてあります。劇場ということで,天井が高いです。二階席も…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク070

カンボジア,シェムリアップ。 2日目の夜は,民族舞踊を見ながらの食事。 レストランまでトゥクトゥクで送り迎えをしてもらいます。 夜も,お願い,トゥクトゥク。クリスマスが済んで・・・と言っても,多くが仏教徒やイスラム教徒という国でクリスマスはどうなのかなって思いますが・・・,もうすぐ新年を迎えるイルミネーションなんでしょうか。 ト…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク069

カンボジア,シェムリアップ。 ホテルの近くにオールドマーケットがあります。 午後7時頃にトゥクトゥクのお迎えがあるのですが, それまでの間にオールドマーケットを探索しましょう。 観光客向けの店舗だけでなくて,住民の日用品,食材を扱う店舗もあります。オールドマーケットの周りにも露店が出ています。日が暮れてもにぎやかです。
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク068

カンボジア,シェムリアップ。 朝から,トゥクトゥクに乗って, ガイドのAさんと一緒に アンコールトムとアンコールワットを見て回りました。 ホテルに連れて帰ってもらって一休み。 夜にも予定を入れているのですが, その前に近くのオールドマーケット辺りを探索しましょう。どんなものが売られているのかな。 お土産は何にしようかな。繊…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク067

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールトム,アンコールワットをそれぞれ半日で見て回りました。 トゥクトゥクに乗ってホテルに戻ります。 アンコールワットの環濠に沿って走ると,岸辺に腰かけて語らう人々が点々と見えます。観光客じゃなくて,地元の人たちのようです。岸辺の木陰は憩いの場のようです。 街の中心部に戻って来ました。 ア…
コメント:8

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク066

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットを一通り見て回りました。 ちゃんと見たら,一日でも足りないです。 ガイドのAさんが,最後にここで記念撮影しておきましょうって勧めてくれたので,パチリ。 トゥクトゥクが待っていてくれる所まで歩いていきましょう。裏参道から堀を渡ります。渡ったところにトゥクトゥクが待っています。 さあ乗…
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク065

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 急な階段を上って中央塔まで行き, 急な階段を下って来ました。 そして,一番外側の回廊・・・第一回廊まで戻って来ました。 今度は第一回廊の南面のレリーフについてガイドのAさんが説明してくれています。見えているレリーフの上半分(実際は三段に分かれた真ん中の段)に…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク064

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中心部までやって来ました。 第三回廊の内側には十字で区切られた沐浴池があります。 こんな高いところに石で作った水が漏れない池があるって, 当時の技術の高さが偲ばれます。 ところで, いよいよ, あの「白い風船」の正体が 明かされるって 予告をしましたが, 上の写真の…
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク063

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 それも,伽藍の中心部です。 中央祠堂の中には仏像が安置されています。現在は仏教の像なんだそうですが,創建当時はヒンドゥー教の像が祀られていたということです。 中央祠堂の柱にもアバターが彫られています。 回廊に置かれている石像が座っているのは・・・。 ウロコがあ…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク062

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの第三回廊までやって来ました。 第三回廊が中央塔を囲んでいます。 中央塔から東西南北に四本の回廊が出ていて, 第三回廊につながっているので, 大雑把に言うと,「田」の字のようになっています。 で,十字回廊で見られた沐浴池同様に 今は水がありませんが, ここも沐浴池だったようで…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク061

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中心部,第三回廊までやって来ました。 第三回廊の北の一辺を西へ進んでいます。 急な階段を上って来たので,第二回廊も下の方に見えています。 これは北西の隅。 石材がごろごろしている所。 少し前にこの隅からカメラを構えていました。この写真を撮った場所。 振り返ると・・・。 さっ…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク060

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中央塔を囲む第三回廊までやって来ました。 第三回廊に上がるのには北東角の階段を利用するしかありません。 たくさんに人が,上り下りしています。 写真は第二回廊の北東角の塔。 このまま反時計回りに第三回廊を進みましょう。 見えているのは手前が第二回廊。 その奥が第一回廊。 その…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク059

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットの中心部にやって来ました。 次は第三回廊を目指しましょう。 見えている石の階段(北西角です。)は木の柵がしてあります。上れません。 足元に石材がごろごろしています。見下ろした時の目印として覚えておきましょう。10カ所ほど同じような階段がありますが,使えるのは一カ所。北東角の階段。ご覧…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク058

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 第一回廊,第二回廊と進み, 中心部へ迫っています。 ついに来たかって感じ。 立派な塔がにょきにょき聳えています。 こちらは手前の経蔵。 上の写真は経蔵が写らないようにして写しています。 壁にはデバタ―が彫られています。 それぞれにモデルとなった女…
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク057

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 十字回廊は二階建てで,階段で上がれます。 2階の連子窓からは,沐浴池がこんなふうに見えています。 この窓の格子は欠けることなく揃っていて,ブラインドの役目を果たしています。 外は明るく暑いのに,中は薄暗くひんやりと・・・。
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク056

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 第一回廊から十字回廊に入ると, 「十」の字で分割された四つのスペースに囲まれていることが分かります。 これらの四つのスペースは沐浴池だということです。ここに水が入っていたら,結構深いんじゃないかな。 十字回廊のいちばん東側から覗くと中央祠堂の石段が見えています。…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク055

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 第一回廊を北西角から西面のレリーフを眺めながら 十字回廊までやって来ました。 奥の方に立仏像が見えます。 柱や天井などが創建当時には彩色されていたことがうかがえます。 こちらは,日本人の書いた落書き。 落書きと言っても,1632年・・・江戸時代・・・に, …
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク054

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 どんどん中心部へ迫ります。 第一回廊は,一周800メートル。 壁面には薄肉のレリーフがずらーーーり。 そのまま十字回廊へ。 下書きのアプサラスですよ・・・って。 ほんとだ。でも,中途半端な仕事のことを誰も咎めなかったのかな。 十字回廊の内部はたくさんの柱が…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク053

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 どんどん中心部に迫っています。 左側・・・北側ですが・・・の聖池を回り込んで, 第一回廊の北西角から階段を上がりましょう。 上がったところが第一回廊。 回廊の壁にはずらーーーっと石を彫ったレリーフ。サル軍と悪魔ラーヴァナ軍の激しい戦の様子です。 回廊からは広…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク052

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 建物そのものに入るのも楽しみなんだけれど, 遠くから眺めるのも楽しい。 それがさらに,水面にも映ってたりするなんて・・・。水面は聖池のものです。白い風船,ジャマだなあ・・・。 さあ,いよいよ中央祠堂に入りますよ。
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク051

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 表参道を中央祠堂に向かって歩いている途中で 参道を外れて,草地を進み, 聖池を目指します。 向かって左側の聖池です。 人も少ないし, 聖池の水面が鏡になって, 祠堂を映しています。もしもっと風が無かったら,はっきりと逆さの姿が写せたでしょうね。 それにし…
コメント:4

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク050

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 西塔門をくぐると広々とした草地。 草地に石造りの参道が伸びています。 表参道を進みましょう。 やはりここでも参道には蛇神,ナーガの欄干が設えられています。参道の両サイドに見えているのは,経蔵。 だんだん中心部に近づいてきました。 でも,ここで参道を外れて,草…
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク049

カンボジア,シェムリアップ。 アンコールワットにやって来ました。 環濠を渡ると,西塔門です。 真正面から入るのではなくて, 向かって右側・・・だから,南側のゾウの門から入るみたいです。 象の門の手前の左右にシンハ像があったようなのですが,残っているのは前足,後ろ足が地面についているところだけですね。 ゾウの門を進むとすぐの窓…
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク048

カンボジア,シェムリアップ。 いよいよアンコールワット。 参道をまっすぐ進んで,西塔門までやってきました。橋の欄干のような感じで,蛇神ラーガが設置されています。かなり立派なナーガですね。左側のナーガを近くまで行って眺めたり,右側のを眺めてみたり・・・。では,次に行きましょう。
コメント:0

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク047

カンボジア,シェムリアップ。 いよいよアンコールワットです。 石の橋・・・参道を行きます。 橋のたもとにはシンハ。 獅子です。そして,ナーガ。蛇神。欄干ですね。まっすぐ進みましょう。参道の真ん中に柵で囲まれているのは,阿修羅の足跡と言い伝えられているらしい。実際は不詳。近づいてきましたね。近づいてきましたね。
コメント:2

続きを読むread more

お願い,トゥクトゥク046

カンボジア,シェムリアップ。 昼食を済ませて, 午後からは,いよいよアンコールワットへ。 湖の岸辺のように見えるけれど, 水面は,アンコールワットの周りをぐるっと囲む環濠。 ズームして見ると特徴的な石の塔がよくわかる。石の橋を渡っていくんだな。少年僧たちは待ち合わせしているのかな。渡ろう,渡ろう。
コメント:2

続きを読むread more