教会も麦畑も バルトでつながる102

スウェーデンの首都,ストックホルムの郊外。
野外博物館スカンセン。
ユールゴーデン島の広大な敷地に
スウェーデン各地から
伝統的な建物がその暮らしぶりと共に移設されています。
これは,街の商店街みたいなのをまとめて移設したのかな?
画像

ローズガーデンとかもある。こういう感じの庭は,ヨーロッパの各地で見かけませんか?
画像

風車も。
下は粉ひき小屋かな。
画像

茶褐色の建物は教会みたいですね。
その手前は麦畑。
当時の農民の姿と道具でお姉さんが麦刈りをしてる。
ある程度の期間に,その様子もお客さんに見てもらえるように,一気に刈り取らないみたい。
毎日少しずつ刈ってるような気がする。
ソビエトの国旗に描かれているような感じの鎌を使っているところを初めて見た。
画像

この辺りに印をつけておきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック