竹じゃないけど  バルトでつながる100

スウェーデンの首都,ストックホルム。
ユールゴーデン島にあるスカンセン野外博物館の中を歩いています。
スウェーデン各地の伝統的な建物が移築されています。
建物だけじゃなくて,暮らしぶりも一緒に。

たくさんの人が集まって何やらしています。
画像
そう,竹馬ですね。
画像
でも,日本の竹馬とは様子が違いますね。
画像
第一に,竹じゃない。木製です。竹馬じゃない。
画像
乗り方も違う。棒は体の両脇に抱えるような格好だし・・・。棒の内側に足を載せる台のようなものが付いている。高さ調節って出来なさそう。結構大人も子どもも遊んでいます。スカーフを被って前掛けをしている女の人がここの係かな。乗り方を教えたり,お手伝いをしたりしています。
画像

似ているけれど違うっていうのに出遭うのは楽しい。

この記事へのコメント

2019年06月16日 18:57
親指と人差し指で挟む文化がないんでしょうね。子供のころ、お祖父ちゃんが作ってくれて遊んだなぁ。結構得意なんですよ?!高さが高くなっても平気。
2019年06月16日 23:19
現実逃避な旅人様。
・・・って,えっ!?またの姿はかぐや姫???知らなかった。
竹取の翁に竹で作ってもらったもので高いところへ行っちゃった!!!
2019年06月17日 23:14
いや~、「旅の恥をかぐや姫」って、ところかな~?(爆)
イビキはかかないし。
2019年06月18日 00:41
現実逃避な旅人様。
現実を逃避したような旅をするって,それ正にかぐや姫のしていること!?
「旅の恥をかぐや姫」にお姫様用ふかふか座布団一枚!!!

この記事へのトラックバック