救世主教会5 タック,デンマーク・198

救世主教会は,デンマーク,コペンハーゲンの
クリスチャンハウンにあるキリスト教の教会です。
高さ90メートルのらせん状の尖塔のある教会です。
らせん状の尖塔は
四角い塔の上に付け足されたものなんだそうです。
画像

尖塔にらせん状の階段が取り付けてあります。
画像

見上げると,金色の玉が大きく見えます。
画像

画像

らせん階段はとっても狭いのですが,
画像

上ほどさらに狭くなってきます。
画像

そして,行き止まりになっています。
そこですれ違って引き返さなければなりません。
長い時間「行き止まり」に滞在することはできません。
次の方にゆずって,階段を降りましょうか。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2018年02月21日 18:24
何のために付けたんだろう?
掃除のため?
先に登って行き場を失った人を思うと、ちょっと可笑しい(^^;)
2018年02月21日 21:34
現実逃避な旅人様。
何のためでしょう。
でも,屋根の掃除だとか,塔の先の飾りだとかの手入れや修理には必要でしょうね。
長い時間とどまっていた人に対してブーイングがあったりしたのが面白かった。
2018年02月22日 02:50
留まることが出来ないんですね(笑)
登って降りるだけ~(笑)
2018年02月22日 07:28
とまるさん。
階段はご覧の通り,この狭さで行き止まり。
でも,ほとんどの人が・・・ぼくもだけど・・・行き止まりまで行きたいんですよね。

この記事へのトラックバック