H.C.アンデルセン幼少時代の家・上  タック,デンマーク・113

H.C.アンデルセンの幼少時代の家を訪ねてみましょう。
昨日も行ったのですが,閉館時刻の後でした。
朝は10時からなので,
市庁舎前の催し物を見たり,
市庁舎の壁に沿って設えられているベンチに腰掛けてノートに記録をしたり・・・と,
ゆっくりしてからになりました。
(時々教会の鐘の音で時刻を確かめたりしてね・・・)

「アンデルセンの幼年時代の家」は25クローネの入場料が必要なのですが,
博物館のチケットを見せれば割引になりますよって入り口で言われた。はい,あります,ありますって言ったものの,
リュックからすぐに出てこない。
そしたら,お姉さんは
「I believe・・・.Japan.」って,チケットを見せなくても入れてくれました。
ほんとに「キートス!」です。
画像


昔のデンマーク人は背が低かったんだそうです。
天井が低い印象だったんだけど,納得。
画像

H.C.アンデルセンの身長は後で伸びたんだそうです。
画像

お父さんの仕事は靴職人。
画像

画像

「後で写真を撮ってあげますね。」
「荷物はここにおいておけばいいわ。」
なんて,いろいろと親切にしてもらう。
画像

家族八人だったっけ・・・。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年11月28日 21:01
で、博物館のチケットは出てきたんですか?

I believe you,too.
2017年11月28日 22:13
その場ではもう探しませんでした。信じてもらっているのですから。チケットと日本語版のリーフレットはまだ残っています。見せに行くべきでしょうか・・・。やっぱし・・・ヘoヘ

この記事へのトラックバック